コーポレートサイト

よくあるご質問

皆様よりよくいただくご質問

このページでは皆様からよくお寄せいただく質問についてお応えしていきたいと思います。ここにない質問は、お気軽にお問合せください。

扉交換について

  • Q1マンションの玄関扉は共用部分ですか?専有部分ですか?

    A1玄関扉は区分所有法管理規約では各戸に専用使用権があり共用部分と規定されています。

  • Q2マンションの鋼製扉にはどのようなものが有りますか?

    A21.各戸の玄関扉
    2.エントランスホールの扉
    3.避難通路としての階段室や共用廊下にある防火扉
    4.集会室・ポンプ室・電気室などの共用部の鋼製扉
    5.パイプシャフト・メーターボックスなどの点検口鋼製ドア

  • Q3玄関扉の改修方法にはどのよなものが有りますか?

    A3主な工法としては3つの工法が有ります。
    1.引抜工法(既存の扉・枠共に撤去し、新しい扉・枠を取り付ける)
    2.カバー工法(既存枠を残し新しい扉・枠を取り付ける)
    3.ドアチェンジ工法(既存枠を生かし新規扉を取り付ける)
    ドアリフォーム工法についてはこちらのページをご覧ください。

  • Q4玄関扉の性能面の改善点についてお教えください。

    A4断熱・遮音・気密などの各性能についてはバリューUPを計っています。

  • Q5玄関扉の防犯と耐震についてはどのようになっていますか?

    A51.扉の防犯については防犯建物部品に準じた物をベースとしています。
    2.耐震については対震枠・対震丁番・対震プレート・対震ドアガードなどの装着を勧めています。

  • Q6玄関扉のバリアフリー対策について教えてください?

    A61.付属金物では握り玉ハンドルをレバーハンドル又はプッシュプルハンドルの導入とドアチェーンをドアガードにしています。
    2. 沓吊り(下部枠)の段差については躯体状況により解消できます。

  • Q7工期について教えてください。

    A7在宅のまま鍵のお引渡し迄、たった1日でOKです。

  • Q8大規模修繕工事と一緒でなければ、いけないのですか?

    A8足場が必要ではないので、いつでも出来ます。

  • Q9扉デザイン・色はどのようなものですか?

    A9カタログにて紹介しておりますので、カタログをご覧になりたい方はお問合せください。

  • Q10錠前(鍵)はどのような物ですか?

    A10ディンプルキーを標準品としております。

  • Q11鍵の本数は何本ですか?

    A115本となります。

  • Q12既存補助金具は使用出来ますか?

    A12基本的には使用出来ません。

  • Q13枠廻りのゴムは取替出来ますか?

    A13取替の場合では可能です。

  • Q14扉の重さは(開閉)、重くなりますか?

    A14現在ご使用の扉の場合により違います。又金物の種類により新規扉の扉重量が変わりますので実測調査してからの判断となります。しかし、極端に重くなる事はまず有りません。

  • Q15扉以外の金物は新しくなりますか?

    A15どの工法でも、ドアクローザー・ドアスコープ・郵便ポスト口・郵便箱・前・丁番の扉に取り付ける金物はすべて新しくなります。

  • Q16扉と枠の隙間はなくなりますか?

    A16当社、コアラッコ工法・インフィット工法であれば隙間は解消されます。ドアリフォーム工法についてはこちらのページをご覧ください。

  • Q17保証について教えてください。

    A17全ての工事において基本的に1年間です。

スーパーレスキューについて

  • Q1マンションの玄関扉は共用部分ですか?専有部分ですか?

    A1玄関扉は区分所有法管理規約では各戸に専用使用権があり共用部分と規定されています。

  • Q2一軒あたりの工事費用は?

    A2お見積は基本的に実測調査後となります。必ず扉の状態や金具類の状態を確認しなければなりません。実測後に、依頼に基づく見積・提案をさせて頂いております。
    参考例;対震丁番に取替え依頼の場合(実測後取替可能と判断)
    「2枚吊・シルバー色・一般対震丁番・付帯工事有り・その他金具取替無し・100戸」で約¥28,000/戸前後です。

  • Q3丁番単体販売はしていますか?

    A3対応しておりません。丁番交換だけでなく、その他の金物の調整や付帯工事が必要となります。付帯工事をしないと対震丁番の機能が100%発揮できません。

  • Q4丁番以外のドア金物の交換はできますか?

    A4対応しておりません。

  • Q51軒あたりの工事所要時間は?

    A5約30~60分が目安です。

  • Q6発注から着工までのリードタイムは?

    A6準備期間として約3週間いただいております。

  • Q7一軒だけでも工事可能ですか?

    A7分譲マンションの玄関ドアは共用部にあたるため、管理組合の同意がなければ交換することができません。

  • Q8どんなドアでも対応できますか?

    A8ほとんどのマンションの玄関扉に対応できます。

  • Q9ドアと枠がこすれています。工事できますか?

    A9可能です。枠や扉や金物の大きな変形・破損などがなければ、工事に含まれる調整にて直すことができます。

  • Q10一戸建てですが、対応できますか?

    A10申し訳ありませんが、対応しておりません。

  • Q11対震丁番の対応年数は?

    A1120万回の繰り返し開閉試験を行い、合格しております。ただし、使用状況により対応年数は変化します。

  • Q12対震丁番は錆びますか?

    A12ステンレス製ですが、設置環境により錆びることがあります。潮風などの影響を受けやすい地域ではさびが発生することがあります。当社では、より錆びにくい塩害使用の対震丁番も用意しております。

  • Q13どのくらいの震度にまで対応できるの?

    A13地震の大きさではなく、建物の被災状況によります。

  • Q14保障期間は?

    A14引渡し後1年間です。

  • Q15工事範囲エリアは?

    A15現在は近畿一円です。
    ※関東一円は当社協力会社がサポートしております。

  • Q16傾きが1/120ラジアン=面内変形追随性D-3等級(約0.48°)以上になった場合に対応できますか?

    A16当社では1/60ラジアン(約0.95°)までの実験を行い、合格しております。

  • Q17対震丁番は、どの程度の地震まで耐えられますか?

    A17対震丁番は、「地震があった後、ドアが開かず逃げられない」といった状況を防ぐことを目的としています。そのため、建物の倒壊やドア周りの破損を防ぐものではございません。

ドアの取替え、震災対策に関するご質問等ありましたら、お気軽にお問合せください。

お問合せはコチラから
Copyright © Kitamura-IronWorks Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ページトップへ